切って創る 切り絵のサイン(落款)を入れて、いよいよ作品の総仕上げです。

■やさしい「切り絵」の作り方

まえがき

剪紙と切り紙と紙工芸

「切り絵」について


「切り絵」制作の基本

「切り方」の応用図形

スケッチから下絵の描き方
   ★絵心がなくても
             切り絵は出来る


下絵を切り抜く方法

切るための基本の練習

実際に絵を切ってみましょう

彩色、いろいろやってみる

自分のサイン(落款)を創ろう

★切る為の下絵素材集
★切り絵の下絵(ぬりえも出来る)





                    ekokoro
一字デザインの例
切り絵で創るサインは、
必ずどこかにつながっていなければ、貼る時に大変です。

切り絵で創るサインは、
色も絵に合わせて切ると味わい深いです。
同じ赤でも微妙な色を使い分けて下さい。


 自分のサイン(落款)を創りましよう。

 作品に落款とか雅印を入れて、いよいよ完成です。
 予め、落款の位置を想定しながら下絵デッサン
 するのですが後で、変更という場合も多々あります。

 印判を誂えたり、手作りで版を彫ったり、好みの方法で
 よいのですが、折角の切り絵の作品ですから
 切って創る方法をご説明しましょう。

 まず、手始めに一字を選びます。
 苗字か名前、又は雅号としてペンネームの一字でも
 楽しいでしょう。

 漢字ひらがなカタカナ、最も良いものを決めます。

 大きさも1㎝角から2㎝角ぐらいまで、いろいろと創り、
 画面のサイズに合わせて使い分けます。

 お気に入りが出来るまで、いくつも考えて見ましょう。
 
 形式もいろいろありますが、白抜き文字角かこみ
 丸形などもありますが、形式にとらわれずに
 自由に創って見ましょう。

 色は絵に合わせて最も効果的な色を選びます。

 一般的には朱赤を使いますが、同じ赤でも
 作品に合う色は 微妙に違ってきます。

 サインによって画面が明るくなったり、暗くなったり
 しますので、朱赤に限らずよく考えて下さい。

 ■切り絵らしいサインをつくる時の注意

 字がうまく周囲とつながり、バラバラにならないように
 デザインして 下書きをしましょう。

 切り方も、今まで練習した切る方法と同じ手順です。

 サインの位置は いろいろ置いてみて、
 絵が引き締まる最も効果的な位置を探って下さい。

 切り絵の場合、サイン貼りつけますから
 ピンセットで挟んで あちこち置いてみると
 思わぬ効果に気づき、位置決めも楽しいものです。



 ■トップ頁に→戻る


数え歌 蝶々 花かげ
こいのぼり   
ふるさと てるてるぼうず
月&うさぎ  赤とんぼ
虫の声  牛若丸   
   

浪漫ジャパネスク
切り絵ノスタルジー
郷愁の切り絵ギャラリー
義経と源平合戦
ドラマチック切り絵
二十四の瞳ーふるさと記念切手
懐かしの切り絵わらべ歌
切り絵の作り方
切り絵・ぬりえのフリー素材

Copyright(C)2006~ 浪漫ジャパネスク All Right Reserved